ブイチコムロゴ English利用規約サイトマップお問い合わせ
メニュータブ

webbuichi.com

寺沢武一プロフィール

メッセージ

STUDIO BlackSheep

第1回<03.12.12> | 第2回<04.01.27> | 第3回<04.06.18>
第1回
タイトル01

 ここでファンの皆様に、長く秘密にしていたことをお知らせしておこうと思います。
わたくし寺沢武一は五年前、大病をしました。
脳腫瘍です。それも悪性でした。たまたま受けた人間ドックで発見されたのです。
それまで身体に何の異変もなかったので、まさに青天の霹靂といったところでした。
偶然の発見で、知らなければ数ヶ月の命だったということでした。
(悪運が強いというか、拾った命、もう一度惜しみなく使わせていただきます)

 発見されてすぐ緊急手術を行いました。
大手術、放射線、抗がん剤治療で体力はなくなり、頭髪も右半分がすべて抜け落ちてしまいました。
一度目は難を逃れたものの、三年後に再発、二度目の手術で左半身にマヒが現れ、現在も杖をつき、左足をひきずって歩いている状態です。
左手は握力が極端に弱くなり、原稿を押さえるのも大変です。コンピュータのキーボードも左手は使えません。
右手にも若干震えが出て、残念ながら絵を描くことにも支障がでました。

 実はこれが「コブラ〜マジックドール」の中断の理由でもあります。
しかし、リハビリがあと2〜3年かかるものの、少しずつ絵を描く作業もできるようになってきました。

 現在は「ガンドラゴン2」の制作が既に終わり、ようやく連載のお知らせを発信することができました。
「ガンドラゴン2」の後はすぐ「マジックドール後編」をお届けしたいと思っています。

長い間の休載でご迷惑をお掛けしましたが、病気の事を関係者以外に伏せていたのは、ファンの皆様に余計な心配を掛けたくなかった事と、「コブラ」を描いている作家自体、強い人間であり、弱味を見せるべきではないと思ったからに他なりません。

 しかし悪いニュースばかりではありません。
現在ハリウッドやヨーロッパ、国内などからコブラ、ゴクウ、タケルなどの実写版やアニメの、より現実的なオファーも幾つか入っています。何だかここにきてドバーッと来たという感じです。

 今後2、3年は忙しくなりそうです。もう病気になっている暇はありません。
担当医などは、ストレスのある仕事をやめて、身体を労ってくださいと言いますが……僕から描くこと、作品を作ることを取ったら何が残るというのでしょう。止める事の方がストレスがかかります。
モチベーションは未だ下がっておらず、話のネタも今後百年描いても尽きないほどあります。この仕事で命を縮めることになるかもしれませんが、それも本望です。寿命の尽きるまでは作品を作り続けていく覚悟です。

 「コブラ」のように寺沢武一は復活します。
 今後ともスタッフ一同、皆さんの応援をよろしくお願いします。

2003年12月12日 寺沢武一



タイトル02

最近、本をチェーン古本店やネットオークションで購入される方が増えてますが、それが今、私達漫画家の執筆活動を苦しめているのを御存知でしょうか。
ブックオフなどで本を買っていただいても、作者には一銭のお金も入りません。
特に私のように寡作な作家の場合は、今や死活問題です。
廃業の危機というのも冗談にならなくなってしまいます。

私は常々、作家と読者の関係は対等と思っています。
良い作品を書き続けるためには、読者の皆さんの力が必要です。
皆さんが本を買うために払ってくれたお金で、私たち作家は作品を作っていけるのです。

時にメールなどで「寺沢武一の本は古本屋で全巻揃えております」と云われますと、もちろん読んでいただいているのは嬉しいのですが───正直悲しくなります。
たしかに私の本はカラー版で、サイズも大判なので常に全巻そろえている本屋さんは少ないかもしれません。
でも注文票を出していただければ、必ず手に入ります。それこそ昨今ではネット通販も便利になってきました。
数十年前の絶版になった本を古本店で探すというならまだしも、作家の本当のファンなら、現在刊行中の本に関してはぜひ本屋さんで、1冊でも2冊でも定価で購入してください。

漫画家と読者の良い関係を保つために、切に願います。

2004年1月27日 寺沢武一



タイトル03

私が何故、漫画で新しい手法を、また新しいメディアを試すのか───

まだ活版のコブラを連載していたころ最初にエアーブラシを使ってイラストを描いた時、編集部や読者からは不評でした。
「何故漫画なのにペンで描かないのか」と言われ続けました。
そしてゲーム機でCD-ROMが使えるようになった時も、デジタルコミックと銘じて新しい漫画の模索をしましたが、やはり私の真意は理解されませんでした。

アメリカにはハリウッドがあり、映画や舞台などのエンターテイメントでは日本は百年は遅れています。というよりも、日本人と欧米人とではエンターテイメントに対する考え方が、あまりにもかけ離れています。
しかし日本には私の師匠でもある手塚治虫先生や先人が残してくれた、漫画があります。私はその漫画とアニメーションこそが、唯一日本が世界で誇れる素晴らしいエンターテイメントだと信じてきました。
私の役目はその漫画をどこまで進歩させ、ハリウッドの映画にも負けないエンターテイメントにできるか、ということなのだと考えています。
その為に色々な手法を用いて、漫画の可能性を試しているのです。
どんなものでは進歩させなければなりません。世の中はどんどん先へと動いており、30年前と同じ描き方・価値観だけでは、いずれは古くなり取り残されてしまうでしょう。

しかし私がCGで漫画を描いた時や、「GUNDRAGON」のようにデジタルマンガの手法に実写の人物を取り入れた時など、新しい試みをするたび、周囲からは賛同されることより非難されることの方が多かったと言わざるをえません。
最初は「不可能だ」とか「面白くない」とか散々言われてきましたが、結果今や漫画・アニメーションの制作も、CGはごく普通に使われている手法です。
善し悪しは誰かがやってみなければ分からない事です。
何事も、誰かがやらなければ進歩はありえないのです。
そして誰もやらないのなら、私が漫画の進化を試していこうと思っているのです。
きっとその先に、漫画の未来像が見えてくると思っています。

2004年6月18日 寺沢武一


最新のメッセージへ

フルカラーB5判COBRA THE SPACE PIRATE「ザ・サイコガン」「黒竜王」「ラグボール」「マジックドール」「神の瞳」発売中!

COBRA新作OVA「COBRA THE ANIMATION ザ・サイコガン全4巻」「タイムドライブ全2巻」発売中!

BUICHI SHOPオリジナルタンブラー2種+着せ替えシートのオマケ付きで発売中!
他、COBRA新商品が続々登場!

トップ利用規約サイトマップお問い合わせ
Copyright(c)BUICHI TERASAWA/A-GIRL RIGHTS All Rights Reserved. http://www.buichi.com/