- - - - -



多彩な惑星人たちが混在する『出島』。
長崎の出島になぞらえて銘々されたが、中世の出島もまた外国人たちで溢れ、
当時の日本人の目には、この画と同様に不思議な光景として映ったかもしれない。


Σ隊員は他の隊員たちとは協力せず、
常に単独で行動するクールなキャラクターとして描かれた。
ガンドラゴン2のヒロインである情熱的でリーダー格のオメガとは対照的な存在。
『ガンドラゴンΣ』制作当時はまだ今回の『ガンドラ2』のコンテは存在しなかったが、ガンドラゴンの本部には多くの隊員たちの存在が窺える。
←事件の発端は、
 水中でしか生息できない貝の形状をした
 ミュメール人たちの惑星ミュメールでの事情が関わっている。
←『ガンドラ2』でも登場する
 出島警察の青木捜査員。

↑見るからに悪人なブラキ星のウー大使。

エギゾ人のゾフィ。身体を電流に変え、
金属の中を自在に移動することができる。
『ガンドラゴンΣ』のストーリーで
事件の鍵となる存在だった。
←シグマは事件の中で自分の深層に眠る、対局の己を垣間見る。
『ガンドラゴンΣ』はガンドラゴン隊員が事件を捜査し、解決していく物語であると同時に、シグマという一人の人間を探るミステリー作でもある。

※こちらの単行本は現在絶版になっております


MODEL:Yinling of JOYTOY(from Hirookanovsky-Kuratachenko's JOYTOY)
c/BUICHI TERASAWA/A-girl Rights All rights reserved.