ブイチコムロゴ English利用規約サイトマップお問い合わせ
メニュータブ

webbuichi.com

ニュース

The 30th anniversary of COBRA

アニメ COBRA

モバイル情報

カーゴベイ

A-Girl Rights BUICHI@SHOP
スマートフォン向けモバゲーコンテンツ。

コブラ待受画像。テーマに沿って毎月30点のイラストを配信。

臨場感抜群の携帯コミック、コブラを配信中。月2回更新予定。

FOMA専用アプリ、コブラのアドベンチャーゲームを配信。

PC用でおなじみebijが携帯用e-bookを配信中

ezWeb公式サイト。COBRAシューティングゲーム

携帯で閲覧できる、セクシーグラビア系写真集に、コブラガールズ登場。

色々なアニメを携帯で見られる楽しいムービーサイト

PCエンジンの名作が手軽に携帯で! コマンド選択型アドベンチャー「COBRA]登場!

パチンコでおなじみニューギンのモバイルサイト。

カラー版単行本のeBook配信。独自のビュアーを利用。

カラー版作品・モノクロ版コブラ単行本のeBook配信

1982年放映「スペースコブラ」の配信

ニューギンCRコブラ2のスペシャルサイト


i-mode/FOMA
EZweb
SoftBank
Windows
Macintosh
これは「10daysbook」でコブラのコミックス配信がはじまった当初の2003年、スタッフが実際の手順で、購入した際の体験談をまとめたものです。
デジタルデータでの単行本購入を未経験の方などの、ガイドになればと作成しました。

スタッフ雁首揃えて購入体験!(改訂版)
寺沢武一がマンガをデジタルにしよう、と考えて早15年。ブイチコムを立ち上げてからこれまでも、シアターなどの形で色々と試行錯誤してきた「デジタルマンガの配信」が、漸く理想でなく現実になってきたようです。
フルカラーで膨大な量になりますので、圧縮技術・解凍技術・データ送信速度など、なかなか環境を選んでしまうものでした。
が、原稿を見慣れている(当たり前ですが)制作スタッフが見ても「こりゃあイイ!」と太鼓判を押せるパッケージが、この度現れました。ちょっと感動してます。
こういった感動はなかなか伝わりにくいのですが、寺沢武一の作品を長く長く愛しているファンの皆様には、必ず同感していただけるものがあるんじゃないか、と思いこのページを作りました。
もう本を持ってるんだよね、という方も是非一度おためしいただきたいと思います。新しい感動を実感いただけると思います。
■用意するもの
パソコン。
10days bookはMacintoshには対応していません。通な方はご存じの通り、寺沢プロのスタジオはMacばかり、ということで、スタッフの個人所有のPCを持ってきました。
T芝Libretto、CPUはCeleron600MHと昨今のパソコンに比べてかなり弱め。OSはWindowsMe。
液晶ディスプレイの表示が1280*600と横長の変則サイズ(下の画像を参照)なのですが、これを使うことにしました。
ネット環境。
STUDIOブラックシープは光ケーブル(B-flets)。DSL以上なら問題ないかと思います。
支払いに使うカード。カード以外にも支払い方法はいっぱいあり!
カードをお持ちでない方、カードをネットで使用するのに躊躇を感じる方は、他にもいっぱい支払い方法があります。これがいろいろと選べるのも嬉しいです。
ちなみにスタッフの場合、限度額の低い、年会費無料のカードをネット用に持っています。これならいざというときも安心です。
■購入!
詳しくは10days bookのページを見て下さい。
「登録」は名前・メールアドレスくらいしか記入項目がありません。通販より手間がかかりません。
■ビュアーのインストール
初回のみ、購入が終わり、本のダウンロードをする前に勝手にインストールしてくれます。(セキュリティの設定を上げておくと、途中何度かダイアログが出ます)
ビュアーの容量は3〜4MBくらい、ちょっとしたムービーのダウンロードくらいの時間。
■ビュアーの使い心地
とてもいい、の一言につきます。
余計な機能は一切無く、基本的にはキーボードだけでも操作できました。ちょっとした気遣い(多分ノートで見るユーザのことをちゃんと考えているの)がニクイ!
購入した本の一覧が表示されるので、まさに本棚から本を取るような気分で、読み込みも早くストレスありません。
↑青い文字はこのディスプレイのサイズ。ちょっと特殊です。
普通のディスプレイですと、横が1280pxlなら縦は960pxlくらいで表示できると思います。
こんな小さいと分かりません!という方は画面上右クリックで拡大縮小バーが出せます。この表示で40〜50%、最大200%まで表示できます。
↑効率良くディスプレイに拡大もできます。これは片ページ横位置表示で左が上。
でもマシンの右側に電源コードが飛び出ているので…こんなふうにしました↓
↑逆にもできる、これがニクイ機能。くるっと横にしてみると本当に本を読んでいるようです。
↑全体表示もできます。もちろんこの範囲でタテ位置見開きにもできます。
…もっと大きいもディスプレイで見たいです。変則サイズでこのときばかりは後悔。
普通のディスプレイでしたら全画面表示でタテ位置見開きが一番しっくりきますね。
ちなみにこれらの写真はハメコミとかではなく、実際ディスプレイに映ったものをデジカメで撮影しっぱなしのものです。
スタッフが普段テキスト用にしているPCですので、あまり画像を見るためとは考えていなかったのですが、この小さな液晶ディスプレイでも十分、制作現場での状態が再現できるのでは、と思いました。
インターネット用の画像圧縮とも微妙に特性が違うようなので、JPEG独特のモアレも殆どありません。
ということで、簡単ではありますが使用後の感想でした。
ご利用方法や規約、対応OSの詳細、お支払い方法、価格などの詳細は必ず「イーブック・イニシアティブ・ジャパン」のHPにてお確かめの上、ご利用ください。
このコンテンツの内容・システムなどについては、ブイチコムへお問い合わせいただいてもお答えすることができません。各社のサポート窓口などへお問い合わせください。

ebookイニシアティブジャパン
<http://www.ebookjapan.jp/>
トップ利用規約サイトマップお問い合わせ
Copyright(c)BUICHI TERASAWA/A-GIRL RIGHTS All Rights Reserved. http://www.buichi.com/